1. HOME
  2. 識学×P-UP neo メディアサイト
  3. セミナー
  4. 【4月23日】成果と適切に連動させる『管理部門の評価制度』 もう迷わない、評価基準を解説

【4月23日】成果と適切に連動させる『管理部門の評価制度』 もう迷わない、評価基準を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【4月23日】成果と適切に連動させる『管理部門の評価制度』 もう迷わない、評価基準を解説

【参加特典】
 「成果と適切に連動させる管理部門の評価制度」
  評価制度構築のノウハウがつまった本ウェビナー資料プレゼント‼


「営業社員は数字で評価できるけど、管理部門ではそれができません。どうすればよいですか?」という問いに対する適切なアプローチを考えることは、多くの企業にとって課題となっています。

定量評価は、誰から見ても可か不可かが明確であり、社員の間でその認識がずれません。平等で、公平に評価をすることができます。
評価でもめることもないですし、評価の内容を個別に説明したり、部下に納得を求めたりするという作業もなくなります。また、評価プロセスが極めてシンプルになります。誰が評価しても同じ点数なので、評価者も直属の上司一人で運用可能です。

しかし、数値化していくことが難しい職種としての代表として、管理部門がございます。
どのようにして定量評価を設定するのでしょうか?何をしてあげればよいのでしょうか?その答えの数値化とは。
識学理論に基づいた社員を成長させる定量的評価制度の考え方とその作成方法ついてご紹介いたします。是非一度お気軽にご参加ください。

日時
2024年4月23日(火)13:00〜15:00
対象者
会社代表者・役員・管理職の方
会場
オンライン(zoomウェビナー)
費用
無料
定員
50名
ご連絡先
mail:y-yamamoto@p-up.jp
tel:03-5829-8444

こんな方におすすめ

  • 社員のエンゲージメントを高めたい経営層の方
  • 会社の業績が上がらずにお困りの経営層の方
  • 社員を成長させる正しい管理方法を知りたい方
  • 識学のマネジメントに興味がある方

 

登壇者

株式会社P-UP neo 識学上席コンサルタント 池畑 謙

2004年に青山学院大学卒業後 、日系化粧品メーカーにて10年間勤務。
その後別業界からのオファーがあり、小型航空機を活用した観光事業の新規立ち上げに参画するため、転職。米国航空機製造メーカーを買収し、国内初の航空機製造・商社・運航会社として国内外の富裕層を中心に120億円の売上に貢献。
その後不動産会社に移り、宅地建物取引士として小口化商品を活用した財務コンサルティングを行う。約半年で全社トップの売上を達成。
これまでのプレイングに注力した自身のマネジメントに疑問を感じる中、識学と出会いロジックに感銘を受け転職を決意。

ウェビナー参加特典

  • 業績向上ノウハウの詰まったセミナー資料を無料進呈!
  • 識学コンサルタントによる「60分無料個別相談」を実施!

お申込みはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加